*

同じマンション内で現在売却中の物件がある時は要注意

同じマンション内で「安い物件」が出ていないかを必ずチェックしましょう。

同じマンション内で現在売却中の物件がある場合は要注意
いざ、マンションを売ろうと思った時、「はじめの一歩」として行って頂きたいことのひとつが「同じマンション内に売却中の物件がないかを確かめる」ということです。

現在の同じマンション内の物件価格を知ることは、この先の売却活動に非常に大きな意味を持ちますので、今回はその重要性をお話ししていきます。

同じマンションに安い物件がある場合は「もっとも不利」に

もしも、みなさんが「マンションを買う」場合、ご希望のマンション内に2000万円と3000万円の物件があったとしたら、どちらの概要をまずは見てみたいと思いますか?

大半の方がまずは価格の安い2000万円の物件だと思います。そして、その二つの物件のコンディションに大きな差がない場合は、2000万円の物件を買うでしょう。

このようにマンション購入を希望している方の立場で考えれば、同じマンション内に複数の売り出し中物件があれば、安い方を選ぶのはとても自然なことです。

値段次第で、こだわりを簡単に諦める内覧者は大勢います

たとえ、それまで「どうしても最上階がいい!」とこだわっていた方でさえも、気に入ったマンション内の別のフロアで、想定より安い物件が見つかれば、そのこだわりでさえも、簡単に捨ててしまうケースも多いそうです。

ですから、高く売ることにこだわりすぎて、値下げを頑なに拒むよりは、「売れ残る」前に値下げを決断されることをオススメします。何故なら、数ヶ月間以上も売れ残ってしまった場合は、「何か理由があって、売れ残っているのでは?」と思われてしまったり、あるいは「過去に○○万円で売り出していたのを知っているので、こんな金額では買えない」と良くない印象を持たれてしまう可能性があるからです。

買主側は、みなさんが思っている以上にあらゆる物件データを集めています。したがって、過去の価格とも比較されやすいということもよく覚えておきましょう。

よって、最終的には大幅に値下げを決断しない限り、成約へとは繋がらない可能性が出てきます。もしも、同じマンション内の他の物件が売りに出されていた場合は、早めに販売価格の値下げを決断するようにしましょう。

「いつまでも売れない」マンションは高額売却は実現できない

同じマンション内の別の物件が売り出されていないかを知る方法

現在、同じマンションに売り出し中の物件がないかを調べることは、簡単です。GoogleやYahoo!などの検索サイトで、

「(マンション名) 価格」

のようなキーワードで調べてみると、すぐに見つかります。その際、かならず「更新日」という項目がないかを調べてみてください。

情報が新しいものであれば、現在の売り出し価格だと断言できます。もし、情報が古い場合は「過去の成約事例」として、掲載しているものだと思いますが、相場を知るには良い材料となりますので、その場合もメモを取っておくと良いでしょう。

すでに売却中の場合は担当を変更することも検討しましょう。

もし、担当の業社が高値のまま、何も行動に移してくれないようであれば、他社へ担当を変更することをおすすめします。不動産会社の変更はまったく問題ありません。不動産会社側もそのような状況は慣れていますので、あまり気にせずに要望をお伝えしてください。

どの業社を選べば良いかわからない場合は、一括査定サイトなどを利用して近隣の不動産売却会社にまとめて相談してみましょう。

その際、「同じマンション内により安い物件が売りに出されているので、成約しづらい」という旨を添えて、送信してください。

また、「業社を変更したいが、言いづらい」ということも伝えてみると良いでしょう。具体的な解決案を提示してくれた業社は、売却時も親身になってくれるはずですので、一度他社へ相談してみることをおすすめします。

あなたのマンションを「選んでもらえる」努力だけは、絶対に惜しまないでください。

「業者への断り」代行サービスも登場

一括査定サイトには様々ありますが、おすすめできるのは「不動産売却のイエイ」です。

なぜなら、提携中の売却業者はもちろん、非提携の業者に対しても「断り」の通知をしてくれる独自の代行サービスがあるからです。断るのは簡単だとわかっていても、いざ行動に移そうと思うと気が重い作業ですので、このようなサービスは非常にありがたいです。

一度査定を利用するだけで、この代行サービスは無料ですので、まずは査定を依頼することから始めてみてはいかがでしょうか。

比較が大事。まずは複数の業者へ相見積もりを。

複数業社への一括査定で、査定額に1,000万以上の差が出たケースも!だからこそ、「比較する」ことが重要です。

不動産屋選びは「相性」もあります。まずは問合せの対応を見ることが、相性を知る第一歩になります。

不動産査定

>> マンションの一括査定はこちらから

関連記事

no image

【比較】売れるマンション・売れないマンション

マンションには「売れる物件」「売れない物件」が必ずあります。どんなに古くても、早く売れる物件があれば

記事を読む

「いつまでも売れない」マンションは高額売却は実現できない

「いつまでも売れない」マンションを高く売るのは難しい

高い価格でマンションを売りたいからといって、不動産売却業社に「強気な売却価格」を望むのは一番やっ

記事を読む

no image

こんなに良いマンションが売れない理由は?

売却価格は「正しく」値付けされていますか? マンションが中々売れない…その原因は「物件価格が高すぎ

記事を読む

不動産査定

ペットの臭いがついたマンションは売れるか?
ペットの臭いがついたマンションは売れるか?

犬や猫のニオイが染み付いた部屋でも売却は可能? 犬や猫などペットを飼

マンションが売れやすい時期はある?
マンションが売れやすい時期はある?

マンションを売却しやすい時期 これからマンションを売ろうと考えた

マンション売却時は空室の方が良い?
マンション売却時は空室の方が良い?

居住中でも、キレイな状態をお見せすれば早期契約へと繋がります。

良いマンション売却業者の見分け方
良いマンション売却業者の見分け方

不動産の売却を考えた時に一番気になるのは、不動産業者の選び方でしょう。

古いマンションもOK!マンション買取業者とは
古いマンションもOK!マンション買取業者とは

ボロボロの古い中古マンションの買取業者があるというのをご存知でしょうか

→もっと見る

PAGE TOP ↑