*

売却期間中、プライバシーが侵害される可能性は?

マンションの売却が決まったら、あなたの物件情報は不動産仲介業者が物件を探す際に使われる「レインズ」という物件データベースへと登録され、市場へと公開されます。

レインズとは?

たとえば、「3000円万円くらいの3LDKのマンションがほしい」という希望を持ったお客様が不動産業者へ来店してきた場合、該当物件がないかをレインズで検索するのです。

この条件に、あなたの物件が該当した場合は、購入希望者へと提案されます。

このレインズにはマンション名や号数も登録されていますので、不動産業者には細かい情報が行き届きます。しかし、物件オーナーである皆さんの個人情報(名前や電話番号など)は、当然レインズには登録されていません。物件情報だけが登録されている状態です。

しかし、不動産業者に訪れたお客様が物件が何号室かという情報まで話を聞いた場合は、内覧日以外にもマンション名と号数がわかれば当然部屋の場所まで特定することは出来ます。

また、売り出し中の期間はチラシやインターネットへの情報公開もされますので、近隣の住民のみなさんに「○○さんの部屋がうりに出されている」と察されることもあるでしょう。内覧の案内が頻繁に訪れる場合も「最近、不動産業者が案内に来ているな」と思われれば「○○さんは部屋を売るんだ」と勘づかれるのは当然です。

しかし、「マンションを売って、別の家に引っ越す」ことは、実は頻繁に行われていることなので、思っているよりもネガティブなイメージをもたれることはないのが現状です。

もし、どうしてもご近所に対する印象を気にされるのであれば、事前に自ら近隣のみなさんへ「引っ越しが決まって部屋を売りに出すことにしたので、その準備でご迷惑をおかけするかもしれません」という挨拶をしてしまうのも良い方法です。訳ありではない引っ越しだということを、前もって伝えておけば、いらぬ噂も立たないでしょう。

査定の際、プライバシー管理に関して確認を取りましょう

ご自身の個人情報がどのように使われるか、査定を依頼した業者に確認してみましょう。ほかにも、

  • 内覧時にご近所へどのように気を配ってもらえるか
  • WEBやチラシへの掲載はどんな内容が載るのか
  • マンション敷地内や近所に大きなポスターや看板などが立つ可能性はあるか
  • プライバシーを守るために、具体的にどのような対策をとってもらえるか

などを聞いても良いでしょう。

もちろん、ほとんどの業者がしっかりと対策をとっているはずですが、その返答の仕方や振る舞いで「マンションの売却をおまかせしても安心だな」という業者が見えてくるはずです。不動産業界は最後は「人」で選ばれる部分が多い世界です。まずは査定サイトなどで一括査定を申込み、その返答の仕方や内容を見て、良い業者を探し出しましょう。

比較が大事。まずは複数の業者へ相見積もりを。

複数業社への一括査定で、査定額に1,000万以上の差が出たケースも!だからこそ、「比較する」ことが重要です。

不動産屋選びは「相性」もあります。まずは問合せの対応を見ることが、相性を知る第一歩になります。

不動産査定

>> マンションの一括査定はこちらから

関連記事

no image

近所に内緒でマンションを売却できるか?

マンションを売却するにあたって、「近所に知られたくない」と思う方もいらっしゃいます。 では、「知ら

記事を読む

不動産査定

ペットの臭いがついたマンションは売れるか?
ペットの臭いがついたマンションは売れるか?

犬や猫のニオイが染み付いた部屋でも売却は可能? 犬や猫などペットを飼

マンションが売れやすい時期はある?
マンションが売れやすい時期はある?

マンションを売却しやすい時期 これからマンションを売ろうと考えた

マンション売却時は空室の方が良い?
マンション売却時は空室の方が良い?

居住中でも、キレイな状態をお見せすれば早期契約へと繋がります。

良いマンション売却業者の見分け方
良いマンション売却業者の見分け方

不動産の売却を考えた時に一番気になるのは、不動産業者の選び方でしょう。

古いマンションもOK!マンション買取業者とは
古いマンションもOK!マンション買取業者とは

ボロボロの古い中古マンションの買取業者があるというのをご存知でしょうか

→もっと見る

PAGE TOP ↑