*

面倒くさい…内覧は必ず立ち会わなければいけないのか

マンションを売ることが決まれば、あとは購入希望者にどんどん部屋を見てもらい、あなたの部屋を気に入ってもらえるのを待つだけです。

ここで避けられないのが「内覧」です。

高額の買い物になりますので、間取りだけでマンションの購入をする人はまずいませんし、そもそも不動産業者もそのようなことをオススメしません。そして、マンション選びは部屋選びであると同時に環境選びでもあるからです。その物件が所在する立地は非常に重要なのです。

ですから、必ず「内覧」は発生します。購入希望者と仲介業者が、部屋や周辺環境の見学に訪れます。

この時、まだあなたがマンションに居住中の場合、お仕事の都合やプライベートの予定など、あるいは立会そのものが面倒だという理由で内覧の立ち会いを拒否できるのでしょうか?答えはYESです。しかし、その場合はあなたの担当営業者に必ず鍵を預けて、自由に部屋を見てもらう準備が必要で、内覧そのものを断るというのは難しいです。

マンションに居住中の場合

居住中の場合は、なるべく内覧に立ち会うようにしましょう。早く売却したいのであれば、尚更です。なぜなら、あなたはそのマンションのことを担当者よりもずっと詳しいのは間違いありませんから、何か質問が出たときに明確な答えを提供することが可能だからです。

たとえば、「マンションの周辺には何もないけど、自転車があれば実は3駅も使えて、電車のトラブルに巻き込まれることはほとんどないんですよ」というような実体験の情報を提供出来れば、「このマンションに暮らせば便利な生活が送ることができそうだな」というイメージが湧きますね。

このように生活の臨場感を与えることが、内覧にはとても効果的なのです。

しかし、このような言葉はあなたの担当者の口からは出てこないでしょう。何故なら、そのマンションで暮らしたことがないからです。あなたの実体験から得られたメリットを、惜しみなく内覧者に教えてあげることで、売却成立までの時間はぐっと短縮できる可能性が高まります。

すでに空室にしてある場合

空室であれば、担当業者に鍵を預けておけば、いつでも内覧は気兼ねなく行ってもらえますから、立ち会いは行わなくても良い場合も多いですが、売却期間中は内覧の前には是非清掃は行うべきですので、その流れで内覧に立ち会うのもオススメします。

空室であっても、ホコリが溜まったり、空気がこもったりしてしまいますので、内覧前のメンテナンスは必要です。ですから、例えば土曜日の午後に内覧希望が入った場合は、午前中に物件の清掃を行い、そのまま内覧の立ち会いをするのが良いでしょう。

先に述べたとおり、そのマンションで得られた利便性やメリットを、存分に提供することで「このマンションに住んでみたいな」と思ってもらえることでしょう。

内覧に協力することが成約への最短ルート

内覧の立ち会いはたしかに面倒ですが、そこをおざなりにしてしまうと成約まで時間がかかってしまうことが想定されます。もちろん、どうしても無理な場合もあるかと思いますので、査定依頼の際に、「立ち会いが難しい場合は、御社はどのように対応いただけますか?」というような質問を投げかけてみましょう。明確な解答が返ってきた業者は、きっとあなたのマンション売却の力になってくれるはずです。

比較が大事。まずは複数の業者へ相見積もりを。

複数業社への一括査定で、査定額に1,000万以上の差が出たケースも!だからこそ、「比較する」ことが重要です。

不動産屋選びは「相性」もあります。まずは問合せの対応を見ることが、相性を知る第一歩になります。

不動産査定

>> マンションの一括査定はこちらから

関連記事

no image

購入申し込みが入っても、断ることはできる?

「晴れて購入希望の返事はもらったけれど、正直あの人にはこのマンションを売りたくない…」 せっかく今

記事を読む

不動産査定

ペットの臭いがついたマンションは売れるか?
ペットの臭いがついたマンションは売れるか?

犬や猫のニオイが染み付いた部屋でも売却は可能? 犬や猫などペットを飼

マンションが売れやすい時期はある?
マンションが売れやすい時期はある?

マンションを売却しやすい時期 これからマンションを売ろうと考えた

マンション売却時は空室の方が良い?
マンション売却時は空室の方が良い?

居住中でも、キレイな状態をお見せすれば早期契約へと繋がります。

良いマンション売却業者の見分け方
良いマンション売却業者の見分け方

不動産の売却を考えた時に一番気になるのは、不動産業者の選び方でしょう。

古いマンションもOK!マンション買取業者とは
古いマンションもOK!マンション買取業者とは

ボロボロの古い中古マンションの買取業者があるというのをご存知でしょうか

→もっと見る

PAGE TOP ↑